2015年12月18日(金)

愛知県スポーツ会館教室では、先月の続きの干支とバナナ・メザシを描きました。

午後の一宮教室でも、バナナを描きました。                
                                                 12月19日幅下教室には、新人さんが入ってきました。

午後の岐阜教室では、干支の続きとメザシに挑戦しました。



2015年12月12日(土)

幅下教室では、先月私が東京で学んできた課題「質感を表す」を同じモデルを使って実施しました。

初級は、バナナです。 皮の厚みが感じられるでしょうか?

中級は、メザシです。 乾燥したカサカサ感が出ているでしょうか?

午後は、それぞれの続きを描きました。


2015年11月20日(金)

午前中の県スポーツ会館教室では、来年の干支でしたが途中までだったので、写真はパスになりました。

午後の一宮教室では、年賀状にも使える「南天」を描きました。 他のふたりの南天の絵を写真にとるのを忘れました。
  

2015年11月21日(土)

午前中の幅下教室は第2土曜日と違って人数も少なく、のんびりゆったりです。

今日は、3人でした。
     
          小学校6年のこともちゃんが描いた年賀状用の猿の親子です。    右は、ハガキに縮小印刷したものです。

新しいふたりには、「色つくり」をしてもらいました。 それぞれの強い想いが作品になりました。        

        左: 庭師を目指している三紀さんの「あじさい園」     右: 子供たちの為にアフリカのウガンダに行くなおみさんの「世界地図」


午後の岐阜教室は、3連休でみなさんお出かけのためお休みに。

そのかわり、昔お世話になった柴崎さんと小林さんに会い、岐阜県保険医作品展を見せていただきました。

柴崎さんのデイサービスの方々の作品はステキで、私にも大いに勉強になりました。 ありがとうございます。




2015年11月23日

今日は、恒例のキミ子方式なごやのりんご狩りの日です。

写真だけですが、見てくださいね〜。

キミ子方式なごやのリンゴの木です。
たわわに実ったリンゴにみんなにっこり!   収穫前に記念写真を撮りました。

りんご園でもぎたて、蜜たっぷりのサンフジを皮ごとまるかじりした後は、お絵かき教室の始まりです。

今回は、りんご園周りにあった紅葉・黄葉した葉っぱがモデルになりました。

みんなステキな笑顔で、大満足の一日になったといってくれました〜。

飛び入り参加もあり、この中に初めてキミ子方式で描いたひとが、4名もいやっしゃいますよ!

2015年11月21日(土)

自分でも気に入らず、修正からまた修正を何度か実施した。

そして今日、野崎白菜2号の生産者・加藤さんに絵を見ていただきやっと、OK!のご返事をいただけた!

たった今、サインを入れた。(まだ乾いてない。)

今年はこの絵をプリントしたものを、年賀状にするぞ〜。

勿論、あいち伝統野菜「野崎白菜2号」の説明も入れるよ!

自分にお疲れ様〜〜。

さあ、次の伝統野菜に挑戦だ!!!

 生産者に絵を見せたところ、ダメだしを頂いてしまい、部分的に少し黄色をかけてみましたが良くなったのか???
 自分で見ても、大して変わったとはおもえないなぁ〜。   

     修正前                                           修正後


2015年11月14日(土)

幅下教室午前中では、中級のひとはシクラメンを、初級のひとは来年の干支「申」を描きました。









こちらは、宮崎県延岡の郷土民芸品「のぼり猿」です。

描いた絵をプリンターでハガキに縮小コピーをして差し上げたら

こんなことができるのか!と大喜びしてくれました。


きっとご自宅のプリンターでもできますよ!とお話したら

帰ったら早速プリンターの説明書を読み直そうっとおっしゃられていました。
流石に難しいシクラメンは、全員が途中までとなってしまい、モデルのシクラメンを自宅に持ち帰って描こうという
熱心なひとも現れました。     


新人さんふたりは頑張って干支を描きましたよ〜。













                                      
午後の初心者さんたちは干支の続きを、また干支じゃないひとは「紅葉」を描きました。





2015年10月30日(金)〜31日(土)

東京のキミコ・プラン・ドウで行われた「秋の教え方・学び方セミナー」3日間のうち前半2日間に参加してきました。

なかなか参加する機会がなかったので、久しぶりに講師仲間に会えてとても楽しかった、そして有意義なセミナーでした。

写真でその様子を紹介します。

会場のキミコ・プラン・ドウの玄関です。 壁面には生徒たちの絵が飾ってあります。 集まりつつある講師たち。

まず最初は、一郎先生による「バナナの描き方」講座。 モデルに適しているバナナを選んでいます。

最後に撮ったバナナの絵をバックにした全員の集合写真です。

次は、京子先生による質感の講座「フランスパン・メザシなど」

松本キミ子先生のミニ講座「盲目の人にキミ子方式を教えて」  身振り手振りで厚く語ってくれました。

キミ子先生・一郎先生が、形の良いモデルのメザシを吟味。

このメザシの絵の中で、初めてキミ子方式で描いたひとの作品も入っています。 さあどれでしょう?

次に、こちらではモデルのフランスパンをカットしています。

ちょっと難しかったけれど、何とかフランスパン描けました〜。






2015年10月17日(土)

今日の午前中は、特別イベントを行いました!

名城公園のフラワープラザで、キミ子方式水彩画教室「絵が苦手な人でも楽しめる〜名城公園の秋の草花編」を実施!

18名の方が参加してくれました。 (参加費用500円)

その様子は、自分が忙しくて写真を撮ることができず、描き終えた最後の全員集合!だけになりました。



絵のモデルは、小筆1本だけで描ける初心者向けの「アカマンマ(いぬたで)」です。

作品だけの写真も撮り忘れたので、作品部分を拡大してみました。

みんな、ステキなアカマンマでしょ!!!

キミ子方式では、あえて個性を出そうとしなくても、勝手に出ちゃうんですよね〜。

ほぼ全員の人に楽しんでいただけたと自負しています。

そんな中で、早速来月から教室に参加したいという人までいらして、めちゃくちゃ嬉しかったです!!!



ちなみに、来年1月16日(土)にも、同様のイベントがありますよ!

キミ子方式水彩画教室「絵が苦手な人でも楽しめる〜名城公園の冬の草花編」

また、多くの方々の参加をお待ちしております〜〜〜。




午後からは、岐阜おおきな木教室がありました。

先月、作った粘土のかぼちゃの色付けです。

粘土もってくるの忘れた人は、ハナミズキの紅葉した葉っぱを描きました。



2015年10月3日(土)

今月は事情があって第1土曜日が教室の日でした。

ちょっと早いけれど、年賀状「来年の干支・申」の準備です。

1回では無理なので今月・来月。予備に12月。
モデルは、民芸品や絵本そして写真などです。
 絵本の可愛いお猿さんを模写しています。                      こちらも絵本の手長さるを模写しています。
 彼女は写真より本物の民芸品をみて、鼻からとなりとなりへ描きすすめて、とうとう描き終えてしまいました〜。(金沢の猿の三番叟)






2015年9月19日(土)

午後の岐阜教室は、好天気でシルバーウイークが始まった初日でもあり、生徒さんはひとりでした〜。

でも、マンツーマンでじっくりゆっくりできましたよ〜。

初心者のブドウは大体3粒ですが、今日のはるかちゃんは何と11粒も描いちゃいました!


2015年9月18日(金)

愛知県スポーツ会館の教室では、かぼちゃの色付けの他、萩、ムラサキシキブを描きました。
午後の一宮教室では、粘土のかぼちゃを作りました。


2015年9月12日(土)

幅下教室では、秋の味覚「あけび」を描きました。

親友の竹薮に絡まっているのを早朝に採りに行きましたが、まだ未熟で青いものしかありませんでした。

あと1月ほどすると、綺麗な紫色になることでしょう。
午後からは、先月作った粘土細工のかぼちゃの色付けです。

種子からワタへ、そして果肉へさらに果皮へ最後に果肉と果皮の間の色を描いて完成です。

だんだんと出来上がってくると、どんどん本物に近づいてきてワクワクします。
いかがですか?  手にもっているカボチャが本物に見えませんか???


2015年9月1日(火)

日本農業新聞8月27日(木)12版社会面に掲載されました。


2015年8月31日(月)

あいち伝統野菜「かりもり」を描いた。


2015年8月21日(金)

午前中の愛知県スポーツ会館教室でも、蝶々に挑戦してもらいました。
新人さんは、かぼちゃの粘土細工をしました。

午後からの一宮教室では、巨峰ぶどうを描きました。

といっても、初心者なので、キミ子方式では一粒ずつ増やして、疲れたら終わり。

絵の大きさに合わせて画用紙を切り取り、はい、完成!!

完成したら、頑張ったご褒美に、モデルの巨峰を頂きました〜〜。

凄く甘くってビックリです。


2015年8月15日(土)

岐阜おおきな木教室では、夏休みスペシャル「蝶々を描こう!」でした。


2015年8月8日(土)

幅下教室では、中級は、「幸水梨」を描きました。


初級は、粘土で「カボチャ」に挑戦です。

みんな、小学校以来の粘土細工に最後まで戸惑っていました。

来月、色付けをします。



2015年7月21日(火)

あいち伝統やさい「天狗なす」を描きました。




2015年7月18日(土)

新聞に掲載されて、新しい生徒さんが増えたので、第3土曜日の午前中にも幅下教室を、新たに開設したのですが、私の説明不足なのか?

今までの第2土曜日に集中!!  今日も2人だけの静かな教室になりました。

ベテランさんは、ごつごつのゴーヤにチャレンジ!                        自宅にある千日草を描いたひとも

午後は、岐阜おおきな木教室では、粘土で「かぼちゃ」を作りました。

大人のひとは、初め久しぶりの粘土に戸惑っていましたが、途中からは結構楽しんでいただけました。

次回は、このかぼちゃに色付けをします。




2015年7月17日(金)

本来は愛知県スポーツ会館なのですが、会場が確保できず、幅下コミュでの教室になりました。

ここでも「スイカ」ですが、プリンターを持参したので、縮小コピーすれば、暑中見舞ハガキにできることを伝えたところ、大感激されました!


中級者は先月のコップの色付けです。

みんな、わからない〜、できない〜、描けない〜と苦しみつつも何とか、描きあげました。

ほら、水の入ったガラスのコップに見えるでしょ!!!

午後からは、一宮喫茶「じゅん」教室です。

こちらでも「スイカ」を描いたあと、プリンターで縮小、暑中見舞いハガキにしました。



2015年7月11日(土)

幅下教室の初級では、季節のくだもの「スイカ」を描きました。

勿論、描き終えた自分のスイカは美味しく食べていただきましたよ!

今日のスイカは、とっても甘くて大人気でした〜〜。


午前・午後の1日かかって、中級の希望者は、、「お魚を描こう!」に挑戦です。

今日は、4種類(アジ・サバ・金目ダイ・イシダイ)のモデルを用意しました。

その中で、今までに描いたことの無い魚を選んでもらいました。

しかし、私も大変でしたが、もっと大変だったのは生徒のみなさんでした。

というのは、モデルの種類が多すぎてきちんとした説明ができなかったから。

申し訳けありませんでした〜。





2015年7月2日(火)

あいち伝統野菜「16ささげ」を描きました。





2015年6月20日(土)

第3土曜日午前中の幅下教室は、新しい生徒さんが増えたために新たに開設しました。、

しかし今日は、今までの生徒さんの中で先週来れなかった人や、先週の続きを描きたい人が来てくれました。

でも、部屋が和室しか空いておらず、足・腰が悪い人がみえたので、やむなく座卓をこのようにして使ってしまいました。



午後からは、岐阜絵本屋さん「おおきな木」での教室です。

今日は、11名と今までで一番多の生徒さんが来てくださり、めちゃくちゃ嬉しかったです。

全員で、今日の空「曇り空」を描きました。

そして、遠くに「梢」を、その向こうに「山」を描き加えました。




2015年6月19日(金)

愛知県スポーツ会館教室では、初級は「はがき絵」です。

モデルは、小筆1本でかけるネコジャラシ。

描いたネコジャラシの絵に、ハガキの大きさの穴が開いたマットを置き、自分の気に入った構図を決めます。

それを切り取ったらキミ子方式の「はがき絵」の完成!!

初めからハガキに描く「絵手紙」とは、全く違いますよ。

こちらは、「水の入ったガラスのコップ」に挑戦!!

やはり、難しいので鉛筆での下書き(図面)だけで今日は終わってしまいました。

こちらは、一宮教室です。

今日の曇り空を、眺めてから描きました。

カタバミやネコジャラシ・???・を描き入れました。








2015年6月14日(日)


昨日、JAあいち中央 総合企画部 企画課 広報担当:平岩さん・杉浦さんから、あいち伝統野菜「早生かりもり」を2玉いただいた。

先日、茎と葉っぱ付きで!と無理なお願いをしたにもかかわらず、生産者の方に掛け合ってみます!と嬉しい返事から、余りにも早い対応にビックリ!!!

ここJAあいち中央は、何だかすごいぞ!!



その「早生かりもり」の絵、今、とりあえず描いた。

ただ、葉っぱが予想以上に早く萎れるので、頂いたふたつの茎・葉っぱを合体させた絵になった。

プロの生産者から見ると、何処か変なところがあるかも・・・。

また細部のチェックしてないので、完成度85%くらいかな?





2015年6月13日(土)

幅下教室では、中級が「ガラスのコップ」の色付け、「ひまわり」を。

初級は、お天気が良かったので「青空」を描きました。


ガラスのコップの色付けは、みんなが「わかんない〜」「難しい〜」の大合唱!
全体を見ないで、一点からとなりとなりを少しずつ描き進めるんだよ〜。
頑張って!!!


ひまわりは、奈良三婆展に出品された絵がステキだったので真似てみることに。
ひまわりを沢山かいて花束のようにしたいです。

新人さんたちは、お天気が良かったので「青空」です。
屋外に出て、各自、ハガキの大きさの穴が開いたマットから空を覗いてもらいました。

「いや〜、本当だ。空の色が上と下では違っている〜。」
「いつも見ているのに、気が付かなかった!」

青空の絵が縞々になったのは、講師の私のせいです。  上手く教えられなかった〜。 反省しきり。

空の下に木立を入れて空の広さを表します。

さらに、遠くに見える山を描いたひともいますよ!

午後の中級のひともガラスのコップの色付けでした。                         大病から復帰されました。おめでとう。
やっぱり、難しい〜!と。                                          頑張って、ハンゲショウを描きました。
コップの下の光を描き入れた作品は、立体感スゴイ!!







2015年5月30日(土)

今日の幅下教室では、中級が「ガラスのコップに入った水」の下書き、初級が「毛糸の帽子」を描きました。
   ガラスのコップに入った水の絵は、今日は下書きだけです。

        来月、色を付けますのでお楽しみに〜。























また、新しいひとが無料体験されました。

続けてくれると嬉しいですね!




2015年5月16日(土)

幅下教室では、中級が「新緑のかえで」など  初級が「毛糸の帽子」を描きました。


幅下教室の様子です。

初めて、黒色画用紙に毛糸の帽子を描いてもらいましたが、結構良かったので安心しました。

編みかけの帽子もありますが、完成作品です。

新緑のモミジ・ムシトリシオネ・ヤグルマソウ・?

岐阜教室では、初めてのひとも一緒に「シロツメクサ」を描いてもらいました。
2015年5月15日(金)

県スポーツ会館教室では、新人さんが「毛糸の帽子」、経験者は「もみじの若葉」」を描きました。
それぞれ自分が描いた毛糸の帽子をかぶっての記念撮影です。

編み目を自分の名前の一文字で描いています。
      こちらの編み目は「M」                こちらの編み目は「H」              こちらの編み目は「S」です。


中級の人には、新緑のもみじを白と黒の画用紙の好きなほうに描いてもらいました。


こちらは、一宮の喫茶「じゅん」の教室です。

帽子の編み目を名前の一文字で描いていますよ。  左から 「Y」 「S」 「と」 「カ」 です。


2015年5月11日(月)

絵本屋さん「おおきな木」の尽力で岐阜新聞が取材に来てくれて、岐阜の展示会が今日の朝刊に掲載されました。

本当に嬉しいことです!!!

2015年5月9日(土)

今日は、岐阜おおきな木教室の展示会開催初日で午前中が準備で、午後から開場です。

おおきな木の奥さんと親友ふたりに手伝ってもらって、無事午前中に準備完了!

多くの人に見てもらえると嬉しいな〜〜。
     展示会案内ハガキ                                        開場入り口
  入り口を入って会場を見た様子。
   もう少し振り返って会場を見た様子。
  奥のキミ子方式の本が沢山並べられたテーブルから会場を見た様子。




2015年5月7日(木)

私の母も参加している奈良の「おいでやす三婆展」が、奈良・読売新聞に5月4日掲載されましたので、
恥ずかしながらご紹介させていただきます。


2015年4月19日(日)

今日で展示会が終了しました。

大変多くの方々に来ていただき感謝!感謝!です。

会場後片付けをしてくださった生徒の皆さんの集合写真です。


最終日の会場のと無料体験の様子です。



初めてのキミ子方式で描いたイチゴの絵に皆さん満足してくれました。   キミ子方式は不思議なんです。




説明を聞いたら、まず種子の色を作りましょう。


無料体験です。 皆さんにイチゴの種子の描き順の説明をししています。


正面入り口から見た会場内の様子です。

昔の同僚が描いてくれた「私にも描けました展」の看板は、毎回大好評です!!








2015年4月18日(土)
今日は、午前中に岐阜おおきな木でキミ子方式の体験教室がありました。
こちらでは、いつもの色つくりではなく、最後にはマフラーになってしまう色つくりをしました。
 


2015年4月13日(月)

いよいよ明日から展示会が始まります。   今日は大勢の生徒さんと一緒に展示会場を作りました。

その会場の様子を、いち早くお見せいたします。

入り口を入ってから、右回りに進みます。


   絵を描くかどには福が来る さあさあ一緒に絵を描こう!          ごあいさつ                中日新聞掲載記事


    キミ子方式の基礎     @色づくり       Aもやし        Bイカ        C毛糸の帽子


    6枚の大きなネギ坊主の絵を中心にそれぞれ菱形に陳列しました。     奥正面には、あいち伝統野菜の絵3枚です。


    新しい生徒さんたちに、キミ子方式には粘土細工もあることを知ってもらいたくて陳列しました。  


     会場の奥から今進んで来た方面を写しました。


     正面の3枚は、私のこれからのテーマ「あいち伝統野菜」のスタート記念の絵です。


    白梅・アスパラ・栗・色つくり・みかん・ビオラ・ねぎ坊主・里芋などなど 皆さんの力作の勢ぞろいです!!


     キミ子方式の本も沢山ありますよ!   


     会場の最後には、今年の干支「未」とそれを使って作った年賀状が展示されています。


     皆様のご来場をお待ちしております。







2015年4月11日(土)

幅下コミュ教室がありました。

午前中は中級で、モデルは「シャガ」「カラスのえんどう」新人は「もやし」です。


午後は初級ですが、以前から来てる人達は「シャガ」を、本当の新人さんたちは「イカ」を描きました。



2015年4月10日(金)

愛知県スポーツ会館教室がありました。

こちらにも新聞を見て新しい生徒さんたちが来ています。

その人達は、動物の代表の「イカ」を描きました。


午後は、一宮の喫茶「じゅん」での教室です。

こちらでは、基本の植物の代表「もやし」を描きました。





2015年3月21日(土)

岐阜おおきな木教室がありました。

スーパーでは手に入らない根っこ付きのネギを親戚から分けてもらったので、それを描きました。

                   おばあちゃんとお孫さん ふたりとっても仲良しです!

          根っこを約30本も描きました!!                  思ったより上手に描けたぞ〜!!


   4人が描いた「ネギ」の絵は、きっと展示会で大注目されるでしょう〜。


               



2015年3月20日(金)

愛知県スポーツ会館教室がありました。

新人さんがもうひとり参加してくれたので、この教室では2人になりました。

新人さんは、植物の代表「もやし」を、他のひとは「よもぎ」を描きました。


午後からは、一宮の喫茶「じゅん」での教室です。

ここでは、赤・青・黄の三原色と白色で多くの色が作れることを学ぶ「色つくり」をしました。



2015年3月14日(土)

幅下コミュ二ティセンター教室がありました。

午前中の中級では、白梅をメインに馬酔木・よもぎを、そして新人は色つくりです。

久しぶりに参加のTさんは、自宅で描いていたお孫さんのベビーシューズを完成させました。

午後の新人さんたちは、キミ子方式の植物の代表「もやし」を描きました。  「こんなにじっくりもやしを見たのは初めて〜」

午後の初級の人達は、早めに咲く花の少し小さい「東海桜」を描きました。


2015年3月1日(日)

あいち伝統野菜「方領だいこん」なんとか描けました。
2015年2月20日(金)

愛知県スポーツ会館教室がありました。

中級者がお休みだったため、そのモデルを初級者に描いてもらいました。

そのモデルとは、和菓子の桜餅(美濃忠の初桜)です。

桜餅の良い香りが教室内に漂います。     早く描き終えて食べたいな〜〜。

みなさん何とか描き終えて、美味しく頂きました!      今日初めての人は、色つくりをしました。




午後からは、一宮市の喫茶「じゅん」で2回目の教室をしました。

ママさんを含めて4人とも、絵が苦手の人達が参加して「ニンジン」に挑戦です。

みなさん、本当にわたしにも描けるのだろうか?と不安いっぱい。  教えてもらった描き順を守って筆を進めます。

ほら、ちゃんと描けたでしょ!  描いた本人がビックリしてました。  ママさんの作品は壁に張りました。




2015年2月14日(土)

幅下コミュ二ティーセンター教室がありました。

中日新聞を見て、キミ子方式を体験したい人達が、「色つくり」に挑戦しました。

赤・青・黄色の三原色と白色で、いろんな色が作れることを楽しみました。

ニンジンを描いたメンバーの中に、絵が描けないひとが、ひとり参加しました。

誰だか判りますか?  判らないでしょう〜。


ビオラを描いた人達、なぜか大爆笑。




2015年2月7日(土)

あいち伝統野菜「越津ねぎ」描けました!



2015年2月3日(火)

30日やっと手直し終えた絵を見て、女房いわく、頭の部分に立体感が感じられないという。

これだから素人は、怖い!

平坦に色付けしたのを見破られている〜〜〜。

ということで、改めて手直してみた。

どこがどう変わったか分かったひとは、凄い!







2015年1月29日(木)

あいち伝統野菜の「野崎白菜123(ひふみ)」が、やっと描けました。

でも、納得していないのです〜〜。




なので、今日(30日)手直ししました。

前より、白菜らしくなったでしょ!

姿勢も直ったから良かった!!!




2015年1月17日(土)

新聞記事を見た人たちから「誰でも絵がかけるキミ子方式を体験してみたい!!」という電話やメールなどを多数いただきビックリです。

ひと月に1回だけの教室なので、次回は1ヶ月先の2月14日か20日になってしまうので、急遽、幅下コミュニティーセンターで体験教室を
行いました。

参加された方は、どなたも絵が描けないというコンプレックスをお持ちで、本当にわたしでも描けるのか?と不安な面持ちで始まりました。

キミ子方式が生まれた過程やキミ子方式の特徴などお話して、いざ、体験に突入です。

今日のモデルは、これからが旬の「イチゴ」です。

本来「イチゴ」は初級のモデルではなく中級なのですが、私自身が始めて描いてその出来栄えに驚いたのがイチゴでしたので。

2時間後、何とか全員イチゴ描きあげました。  その様子です。そして作品です。



2015年1月11日(日)

中日新聞・愛知県版 「愛を知る人」に紹介されました。
絵が苦手な多くの人たちにキミ子方式を通じて、絵が描ける喜びを伝えれたなら幸いです。


受講希望・体験希望の方は、佐藤昌宏(080-6948-4769)まで、お気軽にご連絡ください。

お待ちしております。






2015年1月10日(土)

今年初めての幅下コミュニティーセンター教室でした。
モデルは、「ビオラ」「スイセン」「蝋梅」「海老芋」です。

生徒さんの作品の一部を掲載します。












同じモデルを描いても、その人その人それぞれの個性が表れてきます。

勿論、初心者とベテランでは表現力が違うのはしかたがないですが・・・。