2014年12月20日(土)

岐阜おおきな木教室では、小学1年生と4年生がお正月にも飾れる「南天」に挑戦しました。

ふたりともまだ初心者ですが、頑張ってくれました。




笑顔にはピントばっちりだったのに絵にはちょっとピンボケでごめんね!


こちらも絵にはピンボケ、ごめんね〜。


上級者のひとは、水が入ったガラスのコップを描いてみたいとのことで、挑戦!

最初にガラスの下書きをするのですが、結構難しいです。

でも、ここまで描いてくれました。

下に敷いたハンカチは、「自宅で頑張ってみます!」となんとも頼もしい発言。

頑張ってね!!!





2014年12月19日(金)

県スポーツ会館教室でも、東京で覚えてきた「淡彩画」に挑戦。

私もちょっと慣れてきたのでモデルを全員変えてみました。

         ・トウカエデ                     ・ヒイラギナンテン                   ・ソメイヨシノ

初級でも、この描き方だと時間がかからないので、ひとりで2つも描いてしまいました。


午後のあいりデイサービスでも「淡彩画」に挑戦しました。
結構、お手伝いしましたが何とか完成〜。




2014年12月13日(土)

幅下コミュニティ教室では、先日私が東京のキミ子プラン・ドゥで学んできた「淡彩画」(落ち葉を描こう!)を早速実践しました。

また、りんご狩りに参加できなかったひとにお土産のりんごを渡したところ、そのりんごを描きたいと言われそれも実践。

午後のひとたちは、全員「淡彩画」のつもりが、午前中から続いてのベテランはどうしても描きたいと「りんご」に挑戦でした。




2014年11月23日(日)

待ちに待ったりんご狩り「秋の収穫感謝祭」の日です。 長野県飯田市のちょっと北の中川村にある果樹園にキミ子方式なごやの木があります。


会場のすぐ裏から見られる中央アルプスの景色に見とれてスケッチをすることにしました。



スケッチをしたことのない人もいましたが、頑張って描きました。

その後、中川村文化センター創作室で「葉付きりんご」を描くことに挑戦しました。


難しいモデルとあってみなさん苦労していましたが、となりとなりと描き進めるキミ子方式で何とか描き終えて満足の様子です。



ブログの方にも写真アップしてあります。良かったら見て下さい。







2014年11月21日(金)

県スポ教室の部屋が確保できなかったので、幅下コミュで行いました。

ここでも、葉付きみかんです。



葉っぱが多いと何故だかカッコイイですね!



2014年11月15日(土)

岐阜おおきな木教室でも、葉付きみかんを描きました。

今回初めてのひとにも、みかんは楽しんでいただけました〜。
2014年11月8日(土)

幅下教室では、葉付きみかんやムラサキシキブを描きました。

先月干支を完成させなかったひとは、その続きを。


2014年10月18日(土)

岐阜おおきな木教室でも、来年の干支「未」を描きました。

でも、先に描かれた方々の写真を撮るの忘れてしまい、最後まで頑張ってくれた彼女だけの写真になりました。




2014年10月17日(土)

愛知県スポーツ会館初級教室でも、来年の干支「未」を描きました。

2種類とも、絵本のひつじの模写です。


午後からのあいりデイサービスでも、干支を描きました。
ここでは時間が短いので、ひつじの輪郭を前もって描いたものに色付けをしました。




2014年10月11日(土)

西区民展に出品した「蛍舞う」は、残念ながら何の賞もいただけませんでした。

しかし、自分としては久々に絵とじっくり取り組んだ作品だったので、満足・そう自己満足。

気持ちの良いものでした。



ところで今日11日(土)はキミ子方式幅下教室の日。

年賀状に使う来年の干支「未」(ひつじ)を描きました。

午前の中級の人たちのなかには、描き終えられなかったひともいたので集合写真がとれませんでした。

午後の初級クラスは、午前の経験をいかして時間内に完成できる絵本の表紙をモデルにしました。

その作品と集合写真です。
2014年9月24日 「蛍舞う」をやっと描き終えた。

描き始めの最初から、描き終えるまでを、順を追って見えるように写真をアップした。
これが最終的に描き終えた「蛍舞う」。  明日、西区民展に出品するため搬入する。

以前の絵と違うところは、
舞っているホタルの数を増やしたこと。
遠くの民家の中に灯りを燈したこと。
手前の草は、輪郭線をなくして、より自然に見えるようにした。
飛んでいるホタルは、一旦塗りつぶしたが、シルエットだけ分かるようにした。
右上に垂れ下がってくる樹木の葉を描きいれたこと。
ここで、実際に見てきたように舞っているホタルや草むらにいるホタルを描いた。
用水路手前には、人物を描くことが不可能だったなので、水田の畦道に小さく散歩する親子を描いた。
手前の草と飛んでいるホタルは、女房が何か変!というので手直しすることに。

手前の草むらに止まっているホタルを描いた。
そして、ベースの青色画用紙が見えないように、水田の稲や民家の周りの草を密集させた。

手前の草を描き直した。
ちょっとは良くなったかな?

6月中旬、夜7時半の空に見えるだろうか?
遠くの山々の重なりが表現できているだろうか?
用水路の水面を描いた。
しかし、手前の堤防の草が気に入らず描き直しのため塗りつぶした。

細かな木々のシルエットが分かる山を描いた。

日本画の大家・東山魁夷と平山郁夫の画集には夜の山・森・林を表現したものがあった。
できないことは分かっているが、少しだけでもその雰囲気を真似できないか?とチャレンジ!

前の状態からここまでの間の写真が無いのは、途中段階が余りにもひどくて写真を撮る気さえ起こらなかったのだ。

右手前の暗い林や草むらの表現の仕方を、あれこれ試してみるが全くできないのが続く。
色々な画家の画集見ても、夜の草花を描いた作品がほとんどない。

実際にホタルが多く舞うのが写真の場所より手前なので、そちらを描くために右側に、更に画用紙を2枚。
この段階では、セロテープ仮留め状態。
困ったのが、右手前の暗い林や草むらをどう描いたら?どう表現したら良いのか全く分からずがむしゃらに描いたが、ひどい。
この状態で、もう完全に「キミ子方式」を逸脱してしまっている。

ここでは、画用紙をもう一枚上に貼り付けた。
それは、遠くに見える民家とその裏山を描くためだ。

6月に描きたいと思ったのに、描き始めたのが8月初旬。     2ヶ月も構想を暖めていた。(暖め過ぎ!!!)

青色画用紙4つ切1枚から、スタート!  
用水路の手前の堤防の草から描き始め、向こう側の堤防、そして田んぼの稲を描いた。

毎年訪れているホタルの場所を絵に描きたい!と6月飛んでいるホタルを見ながらそう思った。
その場所は、滋賀県米原市で、そこの写真がこれだ。





2014年9月19日(金)
午前中の県スポーツ会館初級教室。 
私が教室を始めて、初めて彼岸花の咲いている時期に遭遇した。

初級には、ちょっと難しいかな?と思ったが、この機会を逃すと今度いつか分からないのでチャレンジした。

午後、あいりデイサービスでも「彼岸花」にチャレンジ!

花の数も全面に見える3つだけにし、おしべ・めしべの細い線は描くのが難しいとの判断で赤ボールペンで描いてもらった。


2014年9月13日(土)
幅下コミュニティセンター 午後 初心者教室 
今日の幅下教室では、弟が持ってきてくれた「イガ付き栗」を描きました。
午前の人たちの作品写真は、カメラを忘れたので写すことができませんでした。
それぞれですが、皆さん結構上手に描けていると思いませんか?
幅下教室の様子です。

2014年8月17日(日)

今日は、名城公園フラワープラザにて「キミ子方式で描く親子絵画教室」(誰でも練習なしに楽しく絵が描けるキミ子方式でくだものを描こう!)を
開催しました。   くだものは「スイカ」です・

10組20人の予定でしたが、申込みが多く、結果17組34人で頑張りました〜〜。

HPに顔写真アップの了解を頂くのを、忘れてしまったので、しかたなくピンクのハートをのせました。
(悪しからずご了承下さい。)

なお、顔写真アップOKの方は、ご連絡いただければ、ピンクのハート取らせて頂ます。


絵を描いたあとに、食べたスイカは、とてもおいしくて、おかわりをされるほどでした〜〜。



2014年8月16日(土)

今日は、岐阜おおきな木教室の夏休みスペシャルの日でした。

夏休みとあって、1:30〜3:30の教室には初めての方それも親子さんがたくさん来てくれました!

出来上がった自分の作品を持って記念写真です!

みんな、美味しそうなスイカでしよ〜。   もちろん描いた後、全員でスイカ食べました!


3:30〜5:30の教室は、大人3人でちょっと時間に余裕がありました。

そこで、スイカのヘリを描く立体に挑戦してもらいましたが、皆さん結構上手に描いてくれました!!!





2014年8月2日(土)

いつもの第2土曜日が、お盆になるので今日に変更しました。

最近の猛暑で体調を崩している生徒さんが多く、参加者は少ないのが残念でした。

モデルは、中級者は「いちじく」で、早いひとは、裏・表描きました。


午後からの初心者は、ちょうど今の季節の花「ヒマワリ」です。

花屋さんにあったヒマワリには、上部しか葉がなくビックリ!

葉っぱをつけたままだと、早く萎れてしまうので、花屋さんが仕入れる時には、既に葉はないそうです。




2014年7月19日(土)

岐阜・おおきな木教室には、予定のモデル「とうもろこし」と昨日名古屋で使った「ナス」の両方を持って行きました。

親子で来られた生徒さんのお子さんが「ナスがいい!」というので決定!!

最初、初級者4名でしたが、中級者2名も少し遅れて到着。

きっと中級者は、以前ナスを描かれたことがあるに違いないと思いつつ、尋ねたところ描いていませんの返事に、ラッキー!!

何とか「ナス」に見えるように描けて一安心でした〜。




2014年7月18日(金)

午前中の県スポーツ会館には、奈良教室の生徒さんの友人が初めて参加し「色つくり」をおこないました。

初級の生徒さんは、「ナス」に挑戦! 

途中までは、どうなることか?と心配でしたが、何とか描き上げれました。
 


午後のあいりデイサービスでは、前の体操の時間が食い込んで1時間15分しかなく、とっても急いでの教室になりました。

かなりお手伝いせざるを得ませんでしたが、出来上がった「ナス」の絵に皆さん満足の様子で「ほっ!」としました。





2014年7月12日(土)

幅下教室では、久々のスケッチに挑戦!  

今回は、遠くでなく歩いて10〜15分の四間道がモデルです。

午前中の生徒さんは、3箇所のスケッチの後、のんびりお茶タイムをとり過ぎてほとんどの人が色付けができませんでした〜。





反省して午後の生徒さんはスケッチが初めての人が多く、スケッチ場所も2箇所とし、お茶タイムも短くしたので色付けできました!

スケッチ時間は、1箇所で10〜15分と短くし気に入ったところだけ描けばよいことにしました。

2014年6月21日(土)

岐阜おおきな木教室では、先日の展示会を見て新しい2人が来てくれました!

また、初級の親子は、毛糸の帽子に挑戦です。


     祐奈ちゃんは、アスパラです。                            久々登場の優佳子ちゃんは高校1年になりました。
                                                         オオバギボウシの花です。




2014年6月20日(金)

愛知県スポーツ会館では、ガクアジサイに挑戦! しかし細かく見させ過ぎて時間切れ続出!


午後からのあいりデイサービスでは、オレンジの輪切りを描きました。


2014年6月14日

幅下教室中級では、先月の続きのネギボウズを完成させました。

ネギボウズをたくさん増やしたり、背景に森や山を描いてみたり、雲を描き入れたり、青空に飛行機雲を描いたりしました。

それぞれに頑張ってくれました。


午後からの初級では、ちょっと嫌われ者の「ドクダミ」に挑戦しました。

ドクダミの花は、真っ白なので濃い目の色画用紙に描きます。


  前回おやすみの久保田さんは、枇杷に挑戦!                  ベテランの名倉さんは、何年も前に描きかけになっていたアジサイが
  とても美味しそうな色になっていますね!                     完成できた!と喜んでくれました。




2014年6月1日(日)

展示会最終日の日曜日には、岐阜おおきな木教室の生徒さんが、家族連れで来てくれました!!
昔からの知り合いが知人と一緒に。                         祐奈ちゃん家族は、片付けまで一緒にしてくださり感謝・感激!!





2014年5月27日(火)

今朝の中日新聞岐阜版に、キミ子方式の展示会が紹介されました!!

また、岐阜新聞にも掲載されました。

   絵が描けないのは、才能が無いのではなく、感性が無いからでもなく、努力が足りないからでもなく、勿論、遺伝でもありません。
   ただ、その人に絵を描く方法が合わなかっただけ。

   絵の具を最小限の色(赤・青・黄・白)・下書きや輪郭線は描かない・一点からとなり隣と描き進めるキミ子方式なら、
   ほとんどの人が絵が描けると思います。  是非、試してみてはいかがですか?

     天井が高く、とっても重厚で素敵な雰囲気のある「じゅうろくてつめいギャラリー」です。
     自分達の作品がよく見えるのは、きっとそのせいなのでしょう。

     キミ子方式の本を並べた机を手前にして会場内を撮りました。


                「絵を描くかどには、福が来る! さあさあ一緒に絵を描こう!」


     同じ大きさの画用紙を使って、イカの絵のように足りなくなったら画用紙を足し、
                    小さく描けたら絵が真ん中にくるように回りの余分な画用紙を切り取ります。

  ニンジンの絵は、画用紙が足してあるのがよくわかると思います。
  人類が絵を描き始めたころには、画用紙はありません。
  画用紙の大きさを気にせずに楽しんで絵を描きましょう。



2014年5月26日(月)

ここが展示会場のじゅうろくてつめいギャラリーです。




2014年5月17日(土)

岐阜おおきな木教室では、Yちゃんが今日のお天気そっくりの青空を描きました。

そこに、大きなネギ坊主を描き加えました。

この絵を、展示会に出してくれるそうですよ!
  
 祐奈ちゃんは、以前描いたニンジンの葉を増やしています。

 これが、とても大変! でも頑張ったよ!

 完成したニンジンの絵も、展示会に出しますよ!
レストラン「あじろ亭」で頂いたエゴの木に挑戦です。

花の色が白いので、青色画用紙に描くことにしました。

この絵も、展示会に出してくれることになりました。




2014年5月16日(金)

展示会後、初めての県スポーツセンターでの教室だ。

無料体験の方が、2名来られるので楽しみ。

初級モデルは、これからが旬のアスパラにしよう!と早朝24時間オープンのイオンに行った。

ところが、そこにあるアスパラの細いこと、鉛筆ほどの太さでガックリ。

これじゃぁ美味しそうなアスパラが描けないぞ〜。

やむなく自分の仕事場である開店前の百貨店野菜売り場から調達した。



新人を含めた3人は、展示会最終日の無料体験と同じモデル「スズメノカタビラ」にした。

新人2人は、入会してくれることになりました!!  嬉しい〜〜。



午後のあいりデイサービスでも「アスパラ」に挑戦です!






2014年5月10日(土)

幅下教室のお昼時間に、展示会の打ち上げをしました。

「お疲れ様、これからも絵を描くことを楽しもう! 乾杯!」
午前中の教室では、空とネギ坊主を描きました。    来月には、ここから各自それぞれの風景になっていくはずです。

お楽しみに〜。

午後からの教室では、今とっても美味しくなってきた「アスパラガス」を描きました。











2014年4月20日(日)

皆様のお陰で、無事に展示会を終了することができました。

本当に有り難うございました。

また、来年の展示会に向けて新たに出発します。
無料体験の様子です。 

今日のモデルはどこにでもある雑草の「スズメノカタビラ」。

こういうものがモデルになるキミ子方式は、素敵だと思いませんか?
 2回目の無料体験者の方々です。
すべての作品を片付け終わってから気がつきました。

記念写真撮ってないよ〜って。
お疲れ様でした。




2014年4月19日(土)

展示会が始まって早くも5日目になりました。

毎日150〜200名の来場者があり、大好評、とても嬉しいことです。


今日の無料体験は、名倉さんが講師となって「イチゴ」を8名の方に描いてもらいました。

その様子と、参加者の描いたイチゴの絵です。
ここからは、お気に入りの個人作品の発表会です。







2014年4月19日(土)

午後1時半から、岐阜おおきな木教室では、キミ子方式体験講座がありました。

初めてのひとたちは、キミ子方式の基本中の基本「色つくり」をしました。

お母さんと娘さんの参加が、2組ありました。


経験者は、ちょうど今、道端でいっぱい見かける「タンポポの綿毛」に挑戦です。

携帯のカメラで撮ったので、鮮明でなくてゴメンね!



2014年4月16日(水)

昨日より第6回キミ子方式なごや「わたしにも描けました展」が始まりました。

今日、会場内の様子を写真に撮ってきましたのでアップします。




@会場に入ると、キミ子先生とわたしの「ごあいさつ」があります。
 7人の絵をひとつに集めた「つわぶきの庭」がお出迎え。


A会場内を反時計回りに進みます。
  今回、以前と変わって波打つような展示で楽しんでいます。
  中央のテーブルには、入り口手前から義援金ハガキ・本・粘土細工の順に並べました。


B一番奥から入り口方面を見ました。
  粘土細工がいっぱいあります。


C入り口から会場正面です。
 植物(草花・野菜・果物)が終わって、次に動物(ザリガニ・アジなど)そして人工物の一輪車へと移り変わっていきます。


D粘土細工のテーブルから奥を見ます。
 奥の正面には、わたしの「株杉」があります。


E一輪車から干支「午」へ、そしてドラ焼きへ。
 そして受付で記帳をお願いしています。
いかがでしたか?  少しでも会場内の雰囲気が伝わればと思って・・・・。
是非、会場にお越しいただいてキミ子方式を楽しんでいって下さいね!



2014年4月12日(土)

幅下教室のモデルは、ひとつではありませんでした。

私の鉢植えのパンジーやら早朝に名城公園で取ってきたカラスノエンドウなど雑草もモデルにしました。

自分の気に入ったモデルを描きました。

幅下教室の午後では、前回からの続きの一輪車の絵は、完成させることができました。

「息子のグローブ」や「お皿に乗ったイチゴ」を描いているベテランふたりは、まだ完成しませんでした。

モデルは、カラスノエンドウのほかギボウシも登場しました。


安奈ちゃん・莉奈ちゃんは、今日が最後でした。

なんでも、4年生になると学校の部活動も始まり、忙しくなるからだそうです。

また、機会があったら遊びに来てくださいね!!!

彼女ふたりの「一輪社車」の絵も、展示会に飾ることにしました。




2014年3月21日(金)
今日の県スポ教室は、4月展示会直前の為、前回途中までの作品を完成させたい!と頑張りました。

それぞれの白菜ができあがりました〜。


白菜を描いたことのあるひとは、ラディッシュやサンシュウユそしてワインのビンに挑戦です。





2014年3月15日(土)
今日の岐阜教室は、大筆でだらしなく描くモデル「イカ」と小筆で描く野草「カラスのエンドウ」でした。
今年の展示会案内状が出来ました。

4月15日(火)〜20日(日) 9:30〜6:00

栄の中日ビル裏の中区役所ビル7階の名古屋市民ギャラリー栄の7階、第5展示室で開催いたします。

皆様のお越しをお待ちいたしております。



2014年3月8日(土)

幅下コミュニティーセンター教室では、数年振りに「イチゴ」を描きました。

今回は、一粒でなく複数に挑戦!
午後は、一輪車の続きのひともいました。




2014年2月21日(金)

午前中は、県スポーツ会館教室です。

初級の皆さんは、「白菜」を描きました。
先月休みのひとは、最初から。             先月途中までのひとは続きを。            自宅で葉っぱを描いたひとは立体的にします。
                                                      白菜の絵をもってくるの忘れた人は、イチゴを描きました。

中級の人たちは、水仙の続きを描きました。

午後のあいりデイサービスでは、ダイコンを描きました。

スーパーのダイコンの中でも、葉っぱが少しついているものを選びました。





2014年2月8日(土)

午前中は、幅下教室です。  

講座の始まる前に、キミ子・プラン・ドゥから送られてきたDVD「せんせいのせい」を見ました。

そして、ビギニングニュースを読み、4月の展示会の話などをしていたら結構時間を使ってしまいました。

今日のモデルは「スイセン」、花だけしか描けなかったひとが多かった。 スミマセン。
そんな中で、彼女は輪郭をとってから薄く色をつける淡彩画で

スイセンを描いてくれました。



午後は、岐阜教室です。

雪の中、新しい親子も来てくれて感激!!

みんなで「イチゴ」を描きました。
新しい親子と祐奈ちゃん、そして奥ではおおきな木の奥さんも「久しぶり〜」と言いいながらイチゴを描いています。
絵が好きな吉乃ちゃん、学校と違って戸惑っていました。            お母さんは、絵が描けてとっても嬉しそうでした。 
キミ子方式では、初めてでも絵が苦手でも心配いりませんよ。
ほら、美味しそうに「イチゴ」が描けました!
記念撮影です!




2014年1月17日(金)

今年初めての県スポーツ会館教室・初級では、これからが一番美味しくなる「白菜」を描いてもらいました。

でも、時間は足りなくて途中まで。

来月には、完成できるかな?



午後のあいりデイサービスでは、キミ子方式の植物の基本となる「もやし」を描いてもらいました。

もやしには、根っこ・茎・葉っぱがちゃんと揃っていることを知ってもらえたかな?

みなさん「もやし」が立派な絵になることに、ビックリでした!!!




2014年1月11日(土)

新年初めてのキミ子方式なごや・幅下教室でした。

午前中の中級のひと達は、昨日南知多で採って来た「菜の花」です。



今回は、 @いつもの3原色で輪郭なしのキミ子方式と

       A輪郭をキミ子方式で描いて淡彩で色付けの 、2種類どちらかを選んで描いてもらいました。

   

下記が A輪郭をキミ子方式で描いて淡彩で色付けしたもの。
  上記が、 @いつもの3原色で輪郭なしのキミ子方式



午後の初級教室では、生徒の安奈・利奈ちゃんが乗ってきた一輪車を描くことにしました。

テーブルの上に、一輪車を置いて、書き直しのできないマジックインクで、ぐいぐい描きます。



上手に一輪車が描けました!

次は、色付けですよ〜。  

さて、ここで今日は時間切れ。

また来月続きを描きましょうね!